キャッシング 在籍確認

キャッシングの限度額を考察

MENU
審査の過程で必ず実施されるのが、勤務先への在籍確認になります。

銀行カードローンを契約する場合でも、消費者金融のキャッシング商品を契約する場合でも、申し込みを行ってから契約を締結するまでには、書くに金融機関所定の審査が実施され、これを通過することで初めて借り入れを行うことが可能となります。

 

業者からすれば、借りたお金をしっかり返してもらえるかどうかというのは非常に重要な問題なので、申込者の年収や身元などをしっかり確認するのですが、審査の過程で必ず実施されると言っても過言ではないのが、勤務先への在籍確認になります。

 

申請した職場にちゃんと勤務しているかどうかは、安定した収入があるかどうかということと密接に関係しているので、ほぼ例外なく確認が行われるのです。

 

なおこの確認作業は電話にて実施されるのですが、その際には担当者の個人名でかかってきますし、こちらから希望しないかぎりはキャッシング会社名やローンという言葉が発せられることはないので、安心して受けることができます。

 

またこの電話確認は、申請した職場に在籍していることがわかればオーケーとなるので、必ずしも自分自身が受ける必要はありません。そのため外回りの担当者などで、あまり職場の自席に居ないという人でも安心して申し込みができます。

 

なお大手消費者金融の一つであるモビットのweb完結申込ならばこの在籍確認を省いて契約することが可能となっています。保険証や直近の給与明細などの書類を提出することで在籍確認を行っているのです。