おまとめローンの注意点!

キャッシングの限度額を考察

MENU
如何に金利が下がり、将来的に返済する利息が減る可能性があるおまとめローンだとしても、返済方法に注意することが重要です。

おまとめローンでは、返済方法に注意するべし!

如何に金利が下がり、将来的に返済する利息が減る可能性があるおまとめローンだとしても、返済方法に注意することが重要です。

 

特に、おまとめローンでは『元利定額返済方式』、『元利均等返済方式』そして『残高スライドリボルビング方式』が一般的になっています。金利が下がっても返済方法によっては、将来的な総返済額だけでなく、毎月の返済において疑問が発生するだけでなく、返済が苦しくなるといった事態に直結します。

 

先ず、『元利定額返済方式』ですが毎月の返済金額が高くなるものの、返済に乗じて利息も減るといった特徴があります。返済自体は厳しいものの、早期に完済が可能になるだけでなく、無駄な利息を支払わずに済みます。

 

次に、『元利均等返済方式』ですが、簡単に説明すると返済当初は返済額に占める利息が高く、元本が減り難いといった特徴があります。ただし、如何に低金利でおまとめローンを契約するかで大きく変化します。

 

最後に一番問題となるのが、『残高スライドリボルビング方式』であり毎月の返済額が少なく、利息は前月の利用残高により決まるといった方法です。つまり、返済の長期化により高額な利息を支払うこととなり、低金利で借り入れしても返済期間に全てが左右されてしまいます。

 

実際におまとめローンとして利用するのであれば、断然、『元利定額返済方式』です。ただし、返済金額が高額となるため、生活の見直しが必要となるものの、完済後には生活に余裕も生まれます。