カードローンの増額

キャッシングの限度額を考察

MENU
銀行や大手消費者金融のカードローンを利用していると、一定期間が経過した際に増額案内が来ることがあります。

銀行や大手消費者金融のカードローンを利用していると、一定期間が経過した際に増額案内が来ることがあります。

 

案内が来ると審査に通過していると思いがちですが、あくまで自社における信用判断となるため、審査落ちしてしまうものもあります。特に銀行カードローンの場合、再度審査が行われ、個人信用情報に問題があると増額どころか減額、最悪の場合は利用停止の可能性もあります。

 

一方、消費者金融の場合は、銀行に比べると増額の可能性は高めです。貸金業法では、契約者の途上与信を3ヶ月毎に確認する義務があり、個人信用情報が照会されます。そのため、実質的には増額審査に必要な情報はこの段階で確認済みということになります。

 

銀行カードローンで増額を希望する場合は、個人信用情報に問題が無いことを事前に確認することが重要です。また、増額案内では、あくまでも仮の状態であり、案内された限度額以下になる可能性もあるため、あまり大きな期待をしないのが状態です。

 

ですが、申し込み時の希望限度額を審査通過のため、低く提示していた場合は小刻みに限度額を上げていく方法として、増額案内を活用することはおすすめです。審査では、高限度額だけで判定、ふるい分けされることもあるため注意が必要です。