本人確認書類

キャッシングの限度額を考察

MENU
初めてキャッシングを利用する際、書類は一体なにを用意すればいいのか・・・

初めてキャッシングを利用する際、書類は一体なにを用意すればいいのか不安に思ったり悩むこともあるかもしれません。消費者金融や銀行は他のサービスの本人確認と同じようなものを用意してくれといってきますし、なにか特別な書類を用意しろということはありません。

 

基本的には「運転免許証」をお持ちなら、それだけで大概のところは本人確認書類として受理されて済むはずです。免許証を持っていない方は「健康保険証」、もしくは「パスポート」が必要になってきます。言わずもがなのことだと思いますが、いずれも有効期限内のもの、現時点で有効な証明書でなければなりません。

 

少し面倒になるのは、免許証や保険証に書かれている住所と違う場所に現在住んでいる場合です。この場合は現在住んでいること、住んでいる所の証明をするために別の書類が必要になります。消費者金融や銀行によってカバーしている書類が違うんですが、基本的に多く取り扱われているのが公共料金の領収書です。発行日から6ヶ月以内のものに限られることが多いので、出来るだけ最近の領収書を用意すれば間違いありません。

 

 

郵送での書類送付の場合は自分でコピーをとります。

 

免許証であれば基本的に顔写真や住所などが書かれた面をコピーすればいいです。保険証やパスポートもなにか特別なことが無い限りは自身の情報がしっかり確認できる所をコピーすればいいわけです。

 

窓口や自動契約機ではその場でコピーをとってもらえるので直接免許証や保険証を持ち込めば問題ありません。ネットでの契約では自分が持つスキャナでスキャンして取り込んだものであったり、スマートフォンや携帯電話で撮影した免許証や保険証を指示に従って送信するだけで終了します。

 

手軽に素早く終わりますし、受付時間に制限もないので便利です。

 

時間の問題や本人確認書類は手元になにがあるのかなどを総合的に判断して、キャッシングの本人確認をパスしていきましょう。